(HOME)F-BASE プログラミング教室

F-BASE とは

F-BASEとは
「IT」と「キャリア教育」の専門家による
これからの子ども達に必要な力を育てる場です

2020年度より プログラミング教育が必修化

2020年度から小学校、2021年度から中学校で、プログラミング教育が必修化されます。

しかし、
プログラミング教育の必修化というのは、「プログラミングができるようになる」ことを目的としている訳ではありません。
  詳しくは「プログラミング教育が目指すもの」を御覧ください

とは言え、今後 益々 多くのコンピュータに囲まれて生きていくことになることは、間違いありません。

それらのコンピュータが、どのような仕組みで動いているのか・制御されているのかを知ることは、とても大切なことです。
仕組みを知ることで、より便利に使うことができるようになります。それと同時に、より安全に使うことができるようになります。
仕組みを知り安全に使うということは、とても大切なポイントだと思っています。

そのような観点からも「プログラミングの基礎」を学ぶことは、やはり重要なことだと考えています。

実績のあるカリキュラムを採用 Tech for elementary 

F-BASE プログラミング教室では、
全国300教室以上で採用されている、Tech for elementary のカリキュラムを採用します

過去2年間、F-BASE独自の授業を行ってきましたが
より体系的に基礎から学べるように、カリキュラムを変更しました。

ビジュアルプログラミング言語 Scratchを中心にして
幼児期から学べる易しく楽しいものから、本格的に仕組みを考えるプログラミングまで
充実した内容を準備しています。

検定・コンテストを目指せる

サーティファイ社主催の「ジュニア・プログラミング検定」を受験する為のコースも開催しています。
検定合格者には認定書が授与され資格として認定されます。
中学・高校進学の際に、課外活動の成果として活用することができます。

※  Tech for elementary 他教室では、
ジュニア・プログラミング検定GOLD(1級)に最年少合格(2019年11月時点)された生徒さんがいらっしゃいます。
  インタビュー記事 「最年少合格!快挙の秘訣を聞きました

育てたい力

想像力
見えないものを作る

主体性
次から次に試してみようと思う

課題解決
答えのない課題に取り組む

論理的思考
順序立てて、そして、様々な可能性を考えながら

プログラミング教育の魅力

上でも書いたように

とにかく、子ども達が自発的に動く

他の勉強では なかなか起こらないことが、自然と起こる

無料体験会

–>
タイトルとURLをコピーしました